江坂神社ホームページ   
  す さ の を の みこと じんじゃ   
   素盞嗚尊神社  
   (通称 江坂神社)  
  吹田市江坂町、豊中市若竹町・寺内・東寺内町の氏神さま   
  トップページ   
    鎮座地  〒564−0063 
              大阪府吹田市江坂町3丁目68−11  
              TEL   06−6384−8434
              FAX   06−6384−8494
            
 
   アクセス  ◆案内地図はこちら

 南(江坂方面)から    ・ 新御堂筋北行側道、祝橋手前100m西入200m
                ・ 内環状線「蔵人」北入 1km
                ・ 阪急バス停「公民館前」北へ500m
                
 北(緑地公園方面)から ・ てらうち幼稚園南へ200m

 西(若竹町方面)から  ・ 前田池橋北東へ200m、 
                ・ 観音寺東入〜てらうち幼稚園南へ200m
 
参拝者 駐車場     ・社務所西側の油掛地蔵堂前(約10台)
 一時駐車、タクシー、宅配
  北鳥居(緑地公園側)の前 
    ※タクシーの場合は、北鳥居(緑地公園側の鳥居)の前までお越し頂くと便利です。

 
   
メニュー   
    案内地図   境内配置図   参拝の仕方 
 各種のご祈祷
 
お宮詣り、七五三、厄除けなど
年間の神事・行事(1月〜3月 初詣、とんど、節分祭 年間の神事・行事(4月〜8月 スサノヲ祭、春祭、夏越の祓 年間の神事・行事(9月〜12月)  秋祭、  七五三、      
ご祭神とご神徳   鎮座地と氏子地域  社の由来・歴史   神社の組織
 奉賛会   スサノヲ祭  太鼓神輿   神社の歴史年表
 本殿(指定文化財)  神社の古絵馬  伊勢神宮遥拝所  
 お役立ち情報Q&A  神宮大麻Q&A  舞姫募集  案内
(H28.H29)今月の参拝記念
  (H30)今月の参拝記念 (H31)今月の参拝記念  今月の参拝記念履歴
 (R2)今月の参拝記念      
 
     
 
 お知らせ 
                      夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)
 夏越の大祓は、年始めからこれまでの半年の間に、知らず知らずの間に犯した小さな罪や、身についてしまった穢れを祓い清め、気力を回復して夏を乗り切り、後の半年を無病息災に過ごせるように願う神事です。
 ことしは春先からこれまで、思いもかけない新型コロナウイルスの悪疫に見舞われ、未だ完全な終息の気配がありません。
 ことしの夏越の大祓においては、このコロナの悪疫を退散させるために、茅の輪くぐり、人形(ひとがた)・車形(くるまがた)によるお祓いを受けましょう・
 1.日時  6月30日 午前9時〜10時ごろまで
 2.場所  神社境内
 3.神事の内容
   ・大祓詞の唱和
   ・朝日舞の奉納
   ・茅の輪くぐり(茅の輪は6月20日ごろ設置します。自由にくぐって下さい。)
   ・人形・車形の清め祓え
    人形・車形は一家族分を袋に入れて拝殿前に置いております。
    ご自由にお持ち帰りのうえ、ご氏名・車の番号などをご記して神社社受付にお届け下さい(一袋500円)
  ※ことしは、密集を避けるため、例年行っております茶粥のお振舞はありませんので、ご了承ください。

 4.授与品(社務所受付)
   ・茅の輪守り  500円
   ・大祓詞の書写セット 1000円  
                      
                      令和御大礼記念に関わる
                      協賛金奉納のお願い


 当神社では、令和の御大礼を奉祝記念するために「記念碑」を境内に建立するとともに、記念植樹を行うことを計画しております。
 つきましては、氏子の皆様、ご参詣の皆様、また当神社にゆかりある人々に広くお声掛けして、協賛金のご奉納をお願いすることと致しました。
 ご奉納頂きました方には、下記のように記念碑に御尊名又は御社名を刻銘させていただきます。何卒宜しくご協賛賜りたくお願い申し上げます。
 なお、勝手ながら、協賛金の総計が施工費用を上回った場合は、当神社奉賛会の事業費に充当させていただきますのでご了承下さい。
                        記
 1.施工費用        約150万円
 2.記念碑の文面     下記のとおり
 3.竣工予定        令和2年10月
 4.協賛金受付      令和元年12年〜同2年7月
 5.協賛金         一口1万円 一口以上
 6.協賛金の納付方法  社務所受付へ直接、又は郵便振替(振替用紙は社務所でお渡し致します)


                       記念碑の文面(実際は縦書き)
                 (表面)                           (裏面)
                          
         令和御大礼記念碑

 令和元年(2019年)5月1日、今上陛下は上皇陛下より皇位を譲り受け新しい天皇陛下の御位に登られるとともに御代の名も「令和」と命名された。
 その後の即位礼、大嘗祭と続く御大礼が滞りなく執り行われ、我が国は新たな時代を迎えた。まことにめでたい限りである。
 そこで、この神社にゆかりある人々、令和の
御大礼を記念すべく協賛金を奉納し、境内の一隅に記念碑を建立するとともに記念植樹として下境内に桜2本を植樹し、皇室の弥栄と当地の発展を祈念し、記念碑にその名を刻する。
     令和2年10月吉日
          令和御大礼記念協賛人一同


  


個人の部
    金額    氏名
     



  法人の部 
    金額     会社名






         完成予想図