平成31年1月参拝記念

1.短冊画と今月のごあいさつo
 毎月1日の午前中、拝殿前に置いています。、その月の参拝記念としてご自由にお持ち帰りください。
 先着50名様。 数に限りがありますので終了の際はご了承ください。描き手は当神社禰宜(多田利子)です。
 なお、平成31年2月からの絵は「人生儀礼シリーズ」です。
  「今月のごあいさつ」の部分は宮司(多田勝利)の拙文です。

   
今月のごあいさつ
  
  平成31年1月(睦月)
  
 新年明けましておめでとうございます。ことしも氏神様のお陰をいただかれて、家族が幸せに、地域の皆が仲良く暮らせるように願っています。寒さに負けず頑張りましょう。
       素盞嗚尊神社(江坂神社) 宮司 多田勝利
  

 童謡シリーズ

            詞 千家(せんげ)(たか)(とみ)
            曲 上眞(うえ さね)(みち)

       一月一日
  一、年の初めの例(ためし)とて

   終わりなき世のめでたさを

   松竹(まつたけ)たてて門(かど)ごとに

   祝(いお)う今日こそ楽しけれ

 二、初日(はつひ)の光 差しいでて
   四方(よも)に輝く 今朝の空
   君がみかげを たぐえつつ  ※
   仰ぎみるこそ 尊(とうと)けれ

 
※「(今朝の空を)天皇陛下のお姿になぞらえて(仰ぎ見る)」

         御代替(みよがわり)

平成三十一年四月三十日をもって、天皇陛下が皇太子殿下に天皇の御位をお譲りにならこと(譲位されること)になります。天皇陛下のもとで平成の世を過ごしてきた私共は、新しい天皇陛下の下で、新しい世を迎えることになります。「御代替」をマスコミでは「おだいがわり」と呼んでいるようですが、天皇陛下のご譲位と新天皇陛下のご即位によって世が替ることから、神社界では「みよがわり」と呼ぶことにしています。
 この「今月のごあいさつ」では、当分の間御代替に関する儀式などについて紹介してまいります。

            御日程

一、譲位 平成三十一年四月三十日
 天皇陛下が譲位を国民に広く宣言されます。

二、践祚の式   同五月一日
 新天皇陛下が御位につかれ、「三種の神器」などを承継します。この 日に改元されます。

三、即位礼   同十月二十二日
 即位を天照大御神に奉告され国の内外に即位を宣言されます。

四、大嘗祭(だいじょうさい) 十一月十四日・十五日 
 陛下一代に一度の重儀とされ、ご先祖である天照大御神にその年の新穀をお供えし、神々に感謝を捧げられます。

平成31年2月参拝記念

   
今月のごあいさつ
  
  平成31年2月(如月)
  
 つい先日新年を迎えたばかりのように思われるのに、早くもひと月が済んでしまって、ことしも一直線に走り出した感じです。皆さまはいかがでしょうか。
       素盞嗚尊神社(江坂神社) 宮司 多田勝利
             唱歌シリーズ

 椰子(やし)の実  詞 島崎藤村 曲 大中寅二

一 名も知らぬ遠き島より 
   流れ寄る椰子(やし)の実一つ 
   故郷(ふるさと)の岸を離れて
  汝(なれ)はそも波に幾月
 …お前は一体どんなに長く                    漂っているのだ
二  もとの木は生(お)いや茂れる
    枝はなお影をやなせる
    われもまた渚(なぎさ)を枕…わたしも同じように浜辺に寝泊
   
独り身の浮き寝の旅ぞ    まりする孤独な旅をしている

三 実をとりて胸に当(あ)つれば…その実を拾って胸に当てれば
   あらたなり流離(りゅうり)のうれい
   海の日の沈むを見れば
   たぎり落つ異郷の涙

   思いやる八重の汐々(しおじお)
   いずれの日にか国に帰らん

   御代替りの儀式 (退位礼正殿の儀)

今年四月三十日をもって、天皇陛下が皇太子殿下に天皇の御位をお譲りになられます。これを「譲位」といいます。天皇陛下がご生前に譲位されることは、文化十四(一八一七年)の光格(こうかく)天皇以来、約二百年ぶりということです。
 
 儀式としては、四月三十日に「退位礼正殿の儀」が宮中で執り行われます。これは、天皇陛下が御退位前に最後に国民代表に会われる儀式であり、皇位を新帝に譲られることを広く国民に明らかにされます。そして翌日(五月一日)に新帝が御位にお即(つ)きになります。