平成30年1月参拝記念

1.短冊画
 毎月1日の午前中、拝殿前に置いています。、その月の参拝記念としてご自由にお持ち帰りください。
 先着50名様。 数に限りがありますので終了の際はご了承ください。描き手は当神社禰宜(多田利子)です。
 なお、平成30年2月からの絵は「国譲り物語」です。

   

今月のごあいさつ
  
  平成30年1月(睦月)
  
 新年明けましておめでとうございます。ことしも氏神様のお陰をいただかれて、家族が幸せに、地域の皆が仲良く暮らせるように願っています。寒さに負けず頑張りましょう。
       素盞嗚尊神社(江坂神社) 宮司 多田勝利
  

 童謡シリーズ

            詞 千家(せんげ)(たか)(とみ)
            曲 上眞(うえ さね)(みち)

   一月一日

年の初めの例(ためし)とて

 終わりなき世のめでたさを

 松竹(まつたけ)たてて門(かど)ごとに

 祝(いお)う今日こそ楽しけれ

             (明治二十六年小学校唱歌)

「例(ためし)とて」…恒例の行事として
・「終わりなき世」…終わることのない世。 天壌無窮(てんじょうむきゅう)の世。 天と地に果てがないのと同じようにこの世も終わりが無く、繰り返し繰り返し一月一日が訪れる。だからめでたい。
・「楽しけれ」… 上に「こそ」とあるので「けれ」と結び、意味を強めることばのきまり。「実にめでたいことだ。」

          昭和天皇御製
  
  あらたまの 年をむかへて いやますは

      民をあはれむ こころなりけり  

                       (大正十三年)  

  今年から当分の間、昭和天皇の御製を紹介します。平成の御代替りが来年に予定されています。平成の世を顧みるとき、その遠景となる激動の昭和の世を見つめ直すことも大切であろうと思い、、昭和天皇の御製を選びました。

 昭和天皇は、皇太子であられた大正十年に摂政宮に就かれ、右の御製をお作りの大正十三年には大日本帝国憲法(明治憲法)のもとで「統治権を総攬」される立場におられました。


平成30年2月参拝記念

   

今月ごあいさつ
  
  平成30年2月(如月)
  
  立春の前後の気候は、「春」という字に惑わされ期待をもたせますが、実際のところは寒さの底のような時季です。それだけ、春への思いが募る頃でもあります。
       素盞嗚尊神社(江坂神社) 宮司 多田勝利
        童謡・唱歌シリーズ  詞 吉丸一昌 曲 中田 章
                             (大正二年)       早 春 賦(そうしゅんふ)
   一、春は名のみの 風の寒さや
     谷のうぐいす 歌は思えど  
     時にあらずと 声も立てず
     時にあらずと 声も立てず

   二、氷解け去り 葦(あし)は角ぐむ
     さては時ぞと 思うあやにく
     今日も昨日も 雪の空

     今日も昨日も 雪の空 

   三、春と聞かねば 知らでありしを
     聞けばせかるる 胸の思いを
     いかにせよとの この頃か
     いかにせよとの この頃か

          昭和天皇御製
  
 天地(あめつち)の 神にぞ祈る 朝なぎの

   海のごとくに 波たたぬ世を (昭和八年)

 天地(あめつち)の神……天の神地の神(天神(てんじん)地祇(ちぎ)

 穏やかに広がる朝
(あさなぎ)の海のように、この国がいつまでも心やすらぐ国(浦安の国)であってほしいと、天の神、地の神にお祈りします。

ご神前に国の平穏を願って奉納する「浦安の舞」の歌詞になっています。
                 

平成30年3月参拝記念

   

今月のごあいさつ
  
  平成30年3月(弥生)
  
 ひと頃より夜明けが早くなり、境内の片隅の雑草たちも芽を出し始めところをみると、春は確実に近づいているようです。 

       素盞嗚尊神社(江坂神社) 宮司 多田勝利
            童謡・唱歌シリーズ

(おぼろ)月夜(づきよ)

    (詞)高野辰之  (曲)岡野貞一  大正三年

一、菜の花畑に入り日薄れ

  見渡す山の端(は) 霞(かすみ)深し

 春風そよふく空をみれば

  夕月かかりて におい淡し

ニ、里わの火影(ほかげ)も森の色も

  田中の小路(こみち)を たどる人も

  かわずの鳴く音(ね)も 鐘の音も

  さながらかすめる 朧月夜

・やまの端=山の稜線

・におい淡し=(夕月が)霞みの中でぼんやり光っている。

里わ=村里のあたり  かわず=蛙(かえる)

          昭和天皇御製
   

 世のなかも かくあらまほし おだやかに

     朝日にほへる 大海の原

                (大正十一年)

 にほ(匂)へる…(朝日に)照り輝く・照り映える

 世の中もこのようであってほしい。朝日が照り映える穏やかな大海原のように。
 昭和天皇の世界平和を願われる大御心(おおみごころ)の込められたお歌です。

平成30年4月参拝記念

     今月のごあいさつ                              平成30年4月(卯月)  
 桜の開花を待ちかねていたかのように、草木が一斉に芽吹き始め、春の落葉に悩まされる季節になりました。自然の勢いに負けじと頑張っている積りですが、蟷螂(とうろう、かまきり)の斧のようです。
       素盞嗚尊神社(江坂神社) 宮司 多田勝利
            童謡・唱歌シリーズ

            花  

   (詞)武島羽衣 (曲)瀧廉太郎 明治三十三年

一、春のうららの隅田川  のぼりくだりの船人が

  櫂(かい)のしずくも花と散る  眺めを何にたとうべき 

ニ、見ずやあけぼの露浴(つゆあ)びて われにもの言う桜  木を
   見ずや夕暮れ手をのべてわれ差し招く青柳(あおやぎ)を
三、錦おりなす長堤に 暮るればのぼる朧月(おぼろづき) 
  げに一刻も千金の 眺めを何にたとうべき
 

   船人が櫂…船頭の漕いでいる櫂

 眺めを何にたとうべき…この眺めを何にたとえたらよいか。            たとえようがない。
 見ずや…見ないでおられない
 あけぼの…夜明け
 げに…本当に
 一刻も千金…ほんの短い時間でも金貨千枚に値する。

          昭和天皇御製

   山山の色はあらたに みゆれども

      わがまつりごと いかにかあるらむ                   (昭和三年)

 遥かに見える山々の色は日々変化して新しい色に見えるけれども、わたくしのまつりごと(治政)は一体どのようであるのであろうか。
 天皇につかれたばかりのころ、刻々と変動する世の中に対する苦慮が窺がえるお歌です。

 


平成30年5月参拝記念

   
今月ごあいさつ   
  
  平30年5月(さつき)
 
 落葉樹の溢れるような浅緑と、針葉樹の深緑が織りなす5月の山々の遠望は、秋の紅葉のときの遠望にひけをとらない。けれど、水の上に描く趣はやはり秋には勝てないようです。 素盞嗚尊神社(江坂神社) 宮司 多田勝利
            童謡・唱歌シリーズ 

鯉のぼり       文部省唱歌(大正二年)    一 甍(いらかの波と 雲の波

    重なる波の 中空(なかぞら)を

    橘(たちばな)かおる 朝風に

     高く泳ぐや 鯉のぼり

   二  (省略)

三 百瀬(ももせ)の滝を のぼりなば

     たちまち龍(りゅう)に なりぬべき

     わが身に似よや 男子(おのこご)と

     空に躍(おど)るや 鯉のぼり

 甍(いらか)」 ……   かわらぶきの屋根
  「百瀬(ももせ)の滝 … 多くの急流からなる滝
  「たちまち龍(りゅう)に なりぬべき」
  急な滝を登りきった鯉は龍に変身する、という中国の龍  門の滝にまつわる故事による。
  「男子(おのこご)と」 … 最後の「と」はその前の「百  瀬の〜男子」を受ける。

   「龍門の滝を登り切って龍に変身する鯉のように、逞しく成長するのだよ。男の子たちよ。」と(鯉のぼりが)告げている。

          昭和天皇御製

   山山の色はあらたに みゆれども

   がまつりごと いかにかあるらむ                   (昭和三年)

 遥かに見える山々の色は日々変化して新しい色に見えるけれども、わたくしのまつりごと(治政)は一体どのようであるのであろうか。
 天皇につかれたばかりのころ、刻々と変動する世の中に対する苦慮が窺がえるお歌です。

 

平成30年6月参拝記念

   
今月ごあいさつ   
  
  平30年6月(水無月)
 
 今年になって早くも半年。この間、気づかない間に犯したかも知れない過ち、触れたかもしれない穢れを祓い清めて、元気を取り戻して残りの半年を息災に過ごせるよう夏越しの祓え(630日)を受けましょう。 
素盞嗚尊神社(江坂神社) 宮司 多田勝利
            童謡・唱歌シリーズ 

            夏は来ぬ

  詞 佐佐木信綱  曲 小山作之介(明治三十三年)
 
1. 卯の花の 
におう垣根に ほととぎす 早も来鳴きて
   忍び音もらす 夏は来ぬ

2. さみだれの そそぐ山田に さおとめが 裳裾ぬらして
   玉苗植うる 夏は来ぬ

3. 橘の かおる軒端の 窓近く 蛍飛びかい 
  おこたりいさむる 夏は来ぬ

4. 
おうち散る 川辺の宿の 門遠く 水鳥(くいな)声して
  夕月涼しき 夏は来ぬ

「におう」…臭うではなく、鮮やかに映えること
「忍び音もらす」…控えめに鳴く

 「さみだれ」…五月雨
 「さおとめ」…早乙女
 「裳裾」…着物の裾
 「玉苗」…若々しく美しい苗
 「おこたりいさむる」…
怠け心を諌める
 「おうち(樗)」…木の名
 「くいな(水鶏)」…鳴き声が戸を叩く音に似るという
 

  
  






          昭和天皇御製

静かなる 神のみそのの 朝ぼらけ

 世のありさまも かかれとぞ思ふ

          (昭和十三年)
    神のみその…… 神社の境内

   朝ぼらけ …… 明けがた

   かかれとぞ思ふ… このようであってほしいと願う
 
 静かな境内の夜明け、木々の間から朝日が差し込む。小鳥たちがだんだんと賑やかになる。世のなかの有り様も このようであってほしい。
   

平成30年7月参拝記念

    

今月のごあいさつ

平成307月(文月)  

 
 梅雨空のなか、先日の地震の余震が続いています。皆さまのお宅ではいかがでしたでしょうか。幸い当神社は被害はありませんでしたが、北摂地域の神社では被害が出ています。
江坂 素盞嗚尊神社 宮司 多田勝利

           童謡・唱歌シリーズ

           雨   

          
詞 北原白秋  曲 弘田龍太郎                   (大正8年)
、雨がふります 雨がふる

 遊びに行きたし 傘はなし

 紅緒のかっこのも緒が切れた

二、雨がふります 雨がふる

いやでもお家(うち)で 遊びましょう

 千代紙折りましょう 畳みましょ

三、雨がふります 雨がふる

 けんけん小雉(こきじ)が いま鳴い

 小雉も寒かろ 寂しかろ

  「紅緒(べにお)のかっこ」紅い鼻緒のついた子供の下駄・「けんけん小雉」けんけんは雉(きじ)の鳴き声。昔、雉は里山でしばしば見かけることがありました

      昭和天皇御製  


  西ひがし むつみかはして

   栄ゆかむ 世をこそ祈れ

     としのはじめに

           (昭和十五年)

  

  世界の国々が相互に友好を深め、ともに栄えて いくような、そんな平和な世界になってほしいと、 年のはじめに祈ります。