平成30年1月参拝記念

1.短冊画
 毎月1日の午前中、拝殿前に置いています。、その月の参拝記念としてご自由にお持ち帰りください。
 先着50名様。 数に限りがありますので終了の際はご了承ください。描き手は当神社禰宜(多田利子)です。
 なお、平成30年2月からの絵は「国譲り物語」です。

   

今月ごあいさつ
  
  平成30年1月(睦月)
  
 新年明けましておめでとうございます。ことしも氏神様のお陰をいただかれて、家族が幸せに、地域の皆が仲良く暮らせるように願っています。寒さに負けず頑張りましょう。
       素盞嗚尊神社(江坂神社) 宮司 多田勝利
  

 童謡シリーズ

            詞 千家(せんげ)(たか)(とみ)
            曲 上眞(うえ さね)(みち)

   一月一日

年の初めの例(ためし)とて

 終わりなき世のめでたさを

 松竹(まつたけ)たてて門(かど)ごとに

 祝(いお)う今日こそ楽しけれ

             (明治二十六年小学校唱歌)

「例(ためし)とて」…恒例の行事として
・「終わりなき世」…終わることのない世。 天壌無窮(てんじょうむきゅう)の世。 天と地に果てがないのと同じようにこの世も終わりが無く、繰り返し繰り返し一月一日が訪れる。だからめでたい。
・「楽しけれ」… 上に「こそ」とあるので「けれ」と結び、意味を強めることばのきまり。「実にめでたいことだ。」

          昭和天皇御製
  
  あらたまの 年をむかへて いやますは

      民をあはれむ こころなりけり  

                       (大正十三年)  

  今年から当分の間、昭和天皇の御製を紹介します。平成の御代替りが来年に予定されています。平成の世を顧みるとき、その遠景となる激動の昭和の世を見つめ直すことも大切であろうと思い、、昭和天皇の御製を選びました。

 昭和天皇は、皇太子であられた大正十年に摂政宮に就かれ、右の御製をお作りの大正十三年には大日本帝国憲法(明治憲法)のもとで「統治権を総攬」される立場におられました。